保湿水

体の保湿

顔以外の保湿 体の保湿

肌の保湿というと顔が連想され、保湿水や洗顔など顔のケアはしっかりしても顔以外の保湿がおろそかになりがちです。体が乾燥した時、顔用の保湿水を塗る人はあまりいないと思いますが、体の保湿はどうすればいいのでしょうか。

顔では、保湿水には肌を潤わせる成分であるセラミドやヒアルロン酸等や、保湿作用のあるコラーゲンが配合されたものを使うと効果的ですが、体には尿素配合の保湿剤がよいとされています。尿素は、セラミド等と同じ皮膚の保湿成分である天然保湿因子NMFにアミノ酸や乳酸と共に極微量含まれ、汗や尿にすくまれる成分です。尿素はその分子構造から水と結合しやすく、保湿作用があります。しかし尿素はその保湿作用よりもタンパク質を分解する働きが強くあります。

角質はケラチンというタンパク質で出来た死んだ細胞で、外部の刺激から表皮を守り、皮膚の水分蒸発を防いで保湿する働きがあり、角質層に充分な水分があると一般に肌に潤いが状態と言われます。しかし、角質層が何らかの原因で乾燥したり、年齢による細胞の新陳代謝(ターンオーバー)が遅れると、角質が厚くなって皮膚の表面が固く、かさかさしてきます。

尿素のタンパク質分解能力がこの角質化の改善に優れているのです。 尿素によってタンパク質が分解されて固くなっていた部分が柔らかくなり、肌を滑らかになりますが、柔らかくなった分ターンオーバーが早く起きて、結果水分を保つ事の出来ない未熟な角質しか出来なくなってしまいます。この為尿素配合のものは顔にはあまり使用されず、ひじやかかと等の保湿に使われます。尿素である程度症状が改善したら、尿素非配合のものに代え保湿をするのがよいでしょう。

ページのトップへ戻る