保湿水

正しい保湿水の使い方

知っておきたい保湿水 正しい保湿水の使い方

保湿水の正しい使い方をしり、肌の保湿の効果を高めましょう。まず洗顔後の清潔な肌で使用します。顔には化粧品や日焼け止めクリーム以外にも、目に見えない皮脂や汚れがたくさん存在し、顔が汚れている状態では保湿水を使用しても肌まで浸透せず効果が得られません。

この時の洗顔も、汚れを落とそうと顔をこするように行うと、逆に肌は大きなダメージを受けてしまいます。また一日に何度も洗顔したり、一回の洗顔に多くの時間をかけると肌本来の皮脂や保湿成分が流出してしまいます。まず洗顔をたっぷりと泡立てて、掌ではなく泡でやさしく包み込むように洗います。すすぎ残りの石鹸カスなどが無いよう、充分にすすぎます。最後に、タオルで水分を優しく押し付けるようにしてふき取ります。

洗顔が終わったら、保湿水をつけて水分補給と保湿を行います。手のひらに充分な保湿水をのせ、顔の上に広げます。この時保湿水の量はけちらず、顔全体に少し余る位つけます。顔全体にまんべんなく化粧水が行き渡ったら、強くこすったり押したりせずに優しくそっと押さえましょう。顔を手のひらで温め、じんわりと肌になじませます。

また皮脂分泌が少ない乾燥肌の人は、一度に大量の化粧水をつけず3分間隔で少量ずつ保湿水をつけると保湿効果が高まります。

脂性肌の人でアストリンゼントを使用している場合は、パッティングしながらアストリンゼントをぬると、より毛穴の引き締め効果が得られます。

ページのトップへ戻る