保湿水

肌の乾燥

知っておきたい保湿水 保湿水が必要な理由 肌の乾燥

肌の乾燥は皮膚の一番外側の角質層の水分が全体の15%~40%以下になると潤いが失われ乾燥肌になりますが、どうして起こるのでしょうか。体質的な問題もありますが、環境、ストレス、年齢、間違ったケア方法などで肌の水分は失われています。水分が失われて乾燥肌になると、表面がカサカサとしてざらつき見た目が悪くなるだけでなく、かゆみの症状が出て悪化すると全身に被害が出ます。

肌は大きく分けると、外側から表皮、真皮があり、その下に皮下組織の3つに分けられ、表皮はさらに角質層、顆粒層、有棘層、基底層に分かれています。角質層は、肌表面の水分や保湿成分が失われるのを防いで潤いや透明感に影響を与え、細菌やウイルスなど有害物質の皮膚内部への侵入を防ぐバリアの役目があります。 角質層の細胞と細胞の間にはセラミドなどの細胞間脂質が存在し、セラミド層と水分層が交互に層状に並ぶ事で皮膚内部の水分を一定量保って皮膚を保湿しています。また天然保湿因子NMF(Natural Moisuturizing Factor)や皮脂等も角質層の水分の一つで肌を保湿しています。

この細胞間脂質であるセラミドと、天然保湿因子NMF等が空気の乾燥や食生活の乱れ、睡眠不足やストレス、年齢、間違ったスキンケアなどの影響により傷ついて肌の水分が蒸発し乾燥肌になってしまうのです。

セラミドやNMF、皮脂の失われた乾燥肌は、外部から守ってくれるバリアが失われて傷つきやすく肌荒れや、しわなどが出来やすくなります。またウイルスなども侵入しやすく、皮膚炎等を引き起こしやすくなります。

これを防ぐ為に、肌に保湿が必要なのです。

ページのトップへ戻る