保湿水

保湿水と乳液

知っておきたい保湿水 保湿水と乳液

保湿水とは、肌に水分を補い保湿する事が目的です。一般的には無色透明の液体で、洗顔後の肌に水分を与える為に使います。保湿水には水分含有力のあるヒアルロン酸、化粧品に配合される場合は保湿成分となるコラーゲン、真皮の繊維成分で保湿力が高いエラスチンまた保湿成分としてヘパリン類似物質が含まれ、吸湿性のある天然保湿因子(NMF)が配合されています。

乳液とは、水分蒸発防止が目的です。一般的な乳液は不透明で粘り気のある乳状の化粧品で、主に肌に油分を与える目的でつけます。以前は化粧水とセットで使われ、化粧水で肌に水分を与えた後に、乳液の油分で閉じ込めるとい考え方でした。現在は肌の水分は、油分で閉じ込めるのではなく、セラミドなどの保湿成分と水分が結合することによって保たれている事がわかり、美容液に代わってきています。

美容液とは、保湿成分や美白成分最近ではアンチエイジングの成分などの美容成分が濃縮して配合されています。保湿液の効果以外に何らかの美容効果のある成分が配合され、保湿液で肌を整えた後に使われます。

保湿水、乳液、美容液だけでは効果がなく、スキンケアの目的を理解して併用して使う事が大切です。最近では保湿液に美容液のような美白やアンチエイジングなどの集中的にケアする成分を含む物もありますが、保湿液の一番目的は肌に潤いを与えて保湿する事であり、成分もそちらに集中して配合されているので、それだけで全てが賄えるとあまり期待しない方がいいです。しかし美白もアンチエイジングも一番の基本は保湿であり、自分にあった保湿水を使う事が大事です。

ページのトップへ戻る