保湿水

混合肌

肌質別の保湿 混合肌

混合肌とは、異なった肌質が混在した肌の状態で、例えば鼻は油っぽく、逆に目は乾燥しやすいといった脂性肌と乾燥肌が入り交じった肌です。混合肌の場合、自分で脂性肌か、乾燥肌であると勘違いしやすく勘違いから誤ったケアをして症状が悪化する場合が多くあります。混合肌は主に頬からアゴ、そして反対側の頬をつなぐU字ゾーンが乾燥やすく、逆に額から鼻先にかけての皮脂腺が活発なTゾーンは脂っぽい事が多く、近年女性に多く見られる傾向にあります。

混合肌の場合、部分ごとにそれぞれ適したケアが必要であり、脂性肌の部分ばかり気にしてまめな洗顔や皮膚の水分ケアがおろそかになると、乾燥肌の部分が悪化して敏感肌になりひりひり痛みだしたり、逆に乾燥肌ばかり気にして保湿で油分の多いクリーム等を使っていると脂性肌の部分にニキビや吹きでものが出来てしまいます。

洗顔は脂性肌の部分は念入りに、乾燥肌の部分は軽く洗いましょう。

混合肌の保湿は、出来れば部分ごとにケアを変えるのが望ましいです。 脂性肌の部分はアストリンゼント(収れん化粧水)で毛穴を引き締め、ニキビが出来ないよう気をつけます。また乾燥肌の部分は水分を与えて油分で保護するようなケアをします。

どうしても部分別は出来ないという人は、せめてセラミド配合でアルコールは揮発性で肌が乾燥しないようアルコールフリーの保湿水を使用しましょう。

ページのトップへ戻る