保湿水

敏感肌

肌質別の保湿 敏感肌

敏感肌とは、セラミドの不足等による角質の水分保持能力の低下や、皮膚表面の皮脂膜が不十分で外部からの刺激に大変弱く少しの刺激で反応しやすい肌のことです。

皮膚の中の細胞に含まれるセラミドが不足し、肌のバリア機能が低下しているのでウイルスやアレルゲンなどの細菌が侵入しやすく、炎症反応を引き起こしやすい状態になっており、ほんのわずかな刺激にも敏感に反応してしまいます。敏感肌はアレルギーなど遺伝的な体質によるものや、生理や、妊娠等によるホルモンバランス異常、病気等の内臓の機能障害、偏食やダイエットによる栄養バランスの崩れ、ストレス等の内的要因と、間違った洗顔や化粧品の使用、気温や湿度の変化による外的要因が考えられます。

では敏感肌の人に最適の肌ケアとはどんなものでしょうか。肌のケアと肌質は密接な関係があり、それぞれの肌質にあったやり方がありますが、敏感肌と乾燥肌はとても似ていると言えます。乾燥肌は肌に水分がなく、乾燥している状態で、敏感肌は乾燥してバリアがない為刺激に弱い状態をいいます。敏感肌の人はバリア機能を正常に戻す為にも水分と油分のバランスを回復させる事が大切で、その為保湿という肌ケアが必要なのです。

肌を保湿している成分は色々ありますが、敏感肌の人は特にセラミド成分を配合している保湿水を選ぶのがよいとされています。セラミドは角層の水分を保持し、肌が乾燥状態になるのを防いで、外部の刺激から肌を守るバリア機能を正常に戻すのに効果的で、肌への刺激がほとんどないため敏感肌の人も安心して使う事が出来ます。

ただし、アレルゲンの原因は人それぞれなので、パッチテスト等で事前に調べてから使用する必要があります。

ページのトップへ戻る