保湿水

乾燥肌

肌質別の保湿 乾燥肌

乾燥肌とは、角質層に水分が少ない状態で、角質層には水分を保持するセラミドや天然保湿因子NMFといった保湿成分がありますが、これらが年齢や、紫外線、体質など様々な原因で失われて乾燥した肌の事をいいます。

乾燥肌の原因の多くは洗顔のし過ぎで皮脂がなくなってしまう間違った洗顔法によるものです。皮脂は肌を保護する働きがあり、ニキビ等の原因になるので皮脂は多すぎてもダメですが、少なすぎてもダメなのです。また冬など空気が乾燥すると、必然的に肌の水分が奪われて乾燥肌になります。夏は普通汗をかくので肌に充分水分はあるのですが、最近はエアコン等で室内の空気が乾燥し、肌の水分が奪われる事が増えています。またしみや老化の原因となる紫外線も、浴びすぎると肌は乾燥してしまいます。大量に紫外線を浴びると肌の再生機能が狂い、コラーゲンを減少させて肌が水分を保てなくなるのです。他にも偏った栄養バランスや、ストレスによるホルモンバランスによっても肌は乾燥します。

肌が乾燥すると、慌てて保湿しようと乳液やクリームの油分でケアしてしまいがちですが、油分がバリアになって水分が吸収できなくなってしまいます。乾燥を防ぐにはまず水分補給、そして保湿です。

セラミドやヒアルロン酸が配合された保湿水でのケアが、最適です。ヒアルロン酸は1gで、6リットルの水を保持できると言われています。またコラーゲン配合の保湿水がありますが、コラーゲンは体内から生成された場合は細胞を活性化する働きがあるが、皮膚表面から皮下に吸収される事はなく、直接老化防止に役立つわけではありませんが、高い保湿力があり、保湿の意味ではとても有効です。

ページのトップへ戻る