保湿水

乾燥による肌の影響

知っておきたい肌のコト 乾燥による肌の影響

肌が乾燥すると様々なトラブルが起こります。

多くの人に経験があると思いますが、秋から冬にかけて空気が乾燥し肌が乾燥して、痒くなります。 秋から冬にかけて肌が乾燥するのは体温と外気の温度差が大きく、湿度が低い事で肌の水分が失われるからです。また冬は運動量が低下し、皮脂の分泌量が少なくなり、新陳代謝も低下しているので肌の代謝も遅れて古い角質が肌の表面に乾いたまま残り、肌に白く粉がふく人もいます。他に暖房器具による湿度の低下も関わってきます。

肌が乾燥すると、皮膚の一番外側の角質層が傷つき、皮脂もないので真皮に刺激が伝わり、かゆみや痛みを感じます。

また肌の水分が失われると、皮脂が肌を守ろうと過剰に分泌され、それが毛穴に詰まってニキビになります。

さらに水分が失われた肌は、薄く硬くなりしわになります。また乾燥によって肌自身が持つ新陳代謝の機能や肌の回復力も低下しているので、初めは浅かったしわを回復できす、深く刻まれていきます。

しかも乾燥肌のかゆみがひどく引っかいて悪化させると掻破性湿疹に、また皮脂が欠乏して出来る皮脂欠乏性湿疹になり、服がすれるだけで激しい痛みを伴ったり広範囲に湿疹が広がる事もあります。市販薬で改善されない場合は、皮膚科でステロイド剤による治療が行われる場合もあります。また湿疹から細菌などが侵入し、感染症にかかる事もあります。

このように肌の乾燥は大きな影響を与えるのです。

ページのトップへ戻る