保湿水

肌とアルコール

知っておきたい肌のコト 肌とアルコール

飲酒は適度なアルコールは、健康の為に効果的に作用することがあり血行促進や食欲増進をするというメリットがありますが、過度な飲酒は肌にデメリットを与えます。

アルコールは摂取しすぎると胃壁が荒れ、血中の中性脂肪が増えて皮脂の分泌も増加させます。また肌にとって非常に重要なビタミンB2が、アルコールにビタミンB2の吸収を阻害する作用があるので、体内に吸収を出来なくしてしまうのです。その為にきびがひどいときには、アルコールの摂取はなるべく控えておいたほうがよいでしょう。

さらに、状況が進むと、アルコールの性で肝臓の機能をも低下させてしまいます。肝臓はビタミン貯蔵能力がありますが、この能力を低下させてるので体内のビタミン量も減り、ビタミンB2だけでなく、肌に重要な働きのあるその他のビタミン類も減少し肌荒れを引き起こします。

また肝臓機能の低下は肌の代謝機能だけではなく、体全体の健康に大ダメージを与えます。にきびがひどいときには、アルコールの摂取はなるべく控えておいたほうがよいでしょう。

また飲酒するアルコールではなく、保湿水にもアルコールが含まれている事があり、アルコール入りのモノは肌に悪いという話も聞きますが、アルコールの肌への害としてはアルコールの揮発性による肌の水分を蒸発させる事や、アルコールの殺菌作用による常在菌のバランスが崩れる事、特に敏感肌の人はアレルギーを引き起こす可能性があり、アルコールの脂質を溶かす性質により性質細胞間脂質を溶かす可能性がある事が考えられます。

肌にまったく影響のない人もいますが、アルコールは保存料として入っているのでアルコールフリーの保湿水の方が肌には良いと考えられます。

ページのトップへ戻る