保湿水

女の肌と男の肌

知っておきたい肌のコト 女の肌と男の肌

一般的に女性の方が化粧や基礎化粧品を使い、男性より肌に気を使っているイメージが強いですが、男女に肌質の差はあるものでしょうか。男性は女性のように肌の手入れをしなくてもいいのでしょうか。

肌の乾燥の原因である皮脂量ですが、皮脂腺の活動は男性ホルモンによって促進され、女性ホルモンによって抑制されています。男性ホルモンの分泌は女性の場合20歳を過ぎたあたりから、男性は60歳を境に減り始め、肌は乾燥しやすくなります。女性の方が男性よりも年齢と共に乾燥しやすいのです。もともと男性の皮脂量は女性の2倍あり、この男性ホルモンの分泌の違いで女性は乾燥肌が多く、男性は脂性肌が多いのです。

また肌の乾燥には肌の水分量がもちろん関係していますが、水分量の比率も女性は55%、男性は60%と女性の方が水分量も少なく乾燥しやすいのです。しかし、女性の方が皮脂や水分量が少なく、男性に比べかなり早い時期に年齢とともに肌が乾燥してシワやくすみが出来やすいのは事実ですが、その分女性は紫外線対策や、肌の手入れをまめに行っているので、実は50歳頃は男性の方が乾燥肌になりやすいのです。

また女性に比べ男性の皮膚癌の発症率は高く、女性の約3 倍である事がわかっています。これは男性の方が仕事等で屋外で過ごす時間が多いにも関わらず紫外線対策をしない事や、抗酸化力が女性より低い事が原因です。抗酸化物質は、傷ついた細胞の毒性を取り除いたり、DNAの修復を助ける働きがありますが、男性は女性に比べ抗酸化物質が少ないのです。

このように肌に男女差は存在しますが、男性だから肌の手入れをしなくていいという事はなく、男性も肌の保湿やケアは必要で、最近は男性用のスキンケア商品も増えています。

ページのトップへ戻る