保湿水

肌とホルモン

知っておきたい肌のコト 肌とホルモン

肌は、多くの要因によってその状態が左右されますが、ホルモンとも密接な関係があります。男女共に男性ホルモンと女性ホルモンを持っていますが、その分泌量には大きな差があります。

一般に男性ホルモンは皮脂の分泌を促し、女性ホルモンは皮脂の分泌を抑制する働きがあります。皮脂は過剰な分泌はニキビ等の肌トラブルを起こしますが、皮脂は角質層の水分の蒸発は防ぎ、外部の刺激から肌を守るバリアの役目をしています。

女性ホルモンには女性らしさに関与するエストロゲン(卵胞ホルモン)と妊娠に関与するプロゲステロン(黄体ホルモン)があり、生理周期によって分泌が増減します。プロゲステロンは排卵と同時に過剰分泌され妊娠に備えます。一定期間妊娠しないと次の妊娠に備え、準備した子宮内膜を体外に排出する生理が起きます。生理が始まるとプロゲステロンは次の排卵日まで分泌が抑えられます。エストロゲンは最も女性らしくなる排卵直前に過剰に分泌され、排卵が終わって生理前になると減少します。女性ホルモンの分泌が減少する生理前や生理中に肌荒れやニキビが出来やすくなるのは、この為です。女性は排卵直前から排卵までが最も肌の状態がいい時期であると言えます。

また肌の状態に働きかけるホルモンは性ホルモンだけではありません。睡眠中に分泌される成長ホルモンは、細胞の代謝を促して肌のダメージを回復する働きがあります。成長ホルモンは体が発育する子供に重要なホルモンで思春期に多く分泌されますが、新陳代謝を活発にし、体のさまざまな機能を修復する働きのある成長ホルモンは大人にこそ重要なホルモンなのです。成長ホルモン下垂体から分泌されますが、年齢とともにその量は減少します。子供より多くのダメージを受けている大人の肌を回復するには十分な睡眠を摂って、成長ホルモンを分泌させる必要があります。

ページのトップへ戻る