保湿水

肌と紫外線

知っておきたい肌のコト 肌と紫外線

紫外線は、日やけによるシミやソバカスの原因の他に、肌の老化を早める原因である事がわかっています。紫外線とは太陽光線の一種で、波長の長さにより、UVA(紫外線A波)、UVB(紫外線B波)、UVC(紫外線C波)の3つに分けられます。UVCは大気層で吸収される為地上まで届かず、UVAとUVBが地球へ降り注ぐ紫外線ということになります。紫外線もその種類によって、肌への影響が違います。UVAは、皮膚が黒くなるサンタン(日焼け)を起こし、肌の奥の真皮内組織を破壊して、くすみやシワ、たるみを引き起こします。

しかし紫外線は人に悪影響を及ぼすだけではないのです。紫外線には殺菌効果があり、布団や靴等を天日干しする事で細菌の繁殖を抑制したり、人の体内にビタミンDを作り出してくれます。ビタミンDはカルシウムの吸収を促進して骨の形成を助けます。

紫外線に当たりたくないからと、一日中部屋に閉じこもっている訳にいかないのできちんとした紫外線対策をする事が大切です 日焼け止めのSPFとはSun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略で紫外線防御指数といい、UVB波の防止効果を表す指標で、SPF1でUVBを15~20分間防ぐ効果がある事を示しています。SPF値は15~100まで様々な物がありますが、SPF値が高いと効果は高いですが肌への負担も大きいのでSPF20位を小まめにつけるのが良いとされています。

PAとはProtection Grade of UVA(プロテクション グレイド オブ UVA)の略でUVA防御指数ともいい、UVA波の防止効果を表す指標で、PA の強さは+は効果がある、++かなり効果がある、+++非常に効果がある、と表記されます。

ページのトップへ戻る