保湿水

保湿と美白

知っておきたい肌のコト 保湿と美白

美白とはくすみやしみのない真っ白な綺麗な肌をいいます。

肌の色を決めるのはメラニン色素の量で、紫外線を浴びる事で生成されます。また皮膚の代謝サイクルであるターンオーバーが衰えたり、上手機能しないと代謝でメラニンを皮膚から排出出来ずにメラニンが蓄積してしまいます。普通メラニンは生成されてもターンオーバーで徐々に皮膚表面に押し上げられアカとしてはがれますが、この循環がうまくいかずに皮膚に残ったものがシミです。

美白化粧品とはメラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ効果がありますが、抗酸化作用で紫外線によるダメージを抑制するビタミンC、ビタミンE 、コエンザイムQ10 、ポリフェノール等や、メラニン色素の排出を促すグリコール酸、クエン酸、乳酸、リンゴ酸などのAHA、レチノールを含み、メラニン色素の合成を抑えるプラセンタエキスやカミツレエキス、アルブチン等が含まれています。

しかし美白化粧品や紫外線対策だけでは美白は作れません。美白は保湿を怠っていてはなれないのです。保湿を怠ると肌表面が乾燥して固くなり、せっかく美白化粧品を使っても美白の成分が肌へ浸透していかなくなります。きちんと保湿し、肌の状態を整えておくと、美白成分が肌へ浸透しやすくなり効果が期待できるようになります。

またもともと肌が白く美白化粧品は必要ないという人も、美肌はハリや潤い、弾力のある肌ですので、きちんと保湿をし、みずみずしく美しい肌を保ちましょう。

ページのトップへ戻る