夜行バス NAVI

夜行バスの注意点

途中休憩について

夜行バスには絶対についてくるものが、途中休憩ですね。この途中休憩ですが、何が目的なのでしょうか。実際のところ、トイレ休憩と思われているかもしれませんが、基本的にはドライバーの交代が目的で行われています。


どうしても夜行バスは長距離運転が主になってきますので、運転手は絶対に一度は交代しないといけません。だから、夜行バスの運転手は大体2人一組になっています。途中休憩の回数は、場所や会社によって変わってきたりしますが、大体大阪から東京間で2回から3回くらいだと言われています。高速道路の運転は、通常道路の運転よりも単純作業になってきますので、事故も発生しやすいと言われています。


そんなわけですから、これだけの回数休憩などを挟まないといけないということですね。どうしても休憩をしなければならないという状況については、トイレ休憩以外には訪れないと思いますので、途中休憩の際には必ずトイレに入って来るといいと思いますよ。


別にトイレ休憩なんかいらないと言う人はどうでもいいと思いますが、基本的には、途中休憩があって、夜行バスにトイレがないと言う場合は、絶対にトイレに行っておいたほうがいいかと思います。


意外にも、一回休憩を逃してしまうと、次の休憩までの時間が非常に長く感じてしまいがちですし、トイレが夜行バスについていないとしたら、それはもう大変なことになってしまうかもしれませんしね。トイレに限らず、外に出られることはリラックスにもなりますので、是非とも途中休憩は有意義に使うようにしましょう。

スポンサードリンク

PAGE TOP