夜行バス NAVI

夜行バスの注意点

隣の人の邪魔をしない

夜行バスは、いろんな人が乗っています。そんな中で、もっとも接する機会が多いのが、やはり隣の人になるわけですよね。別にしゃべることがなくても、隣というだけで何かと気を使うことがあるはずです。気を使うということは、常に忘れないようにしましょう。


特に、寝ている最中には、絶対に起こしてしまったり、大きな音で眠りを妨害するようなことをするのは避けるようにしてください。


実際問題、バスで何をしようが勝手なのですが、さすがに夜行バスの運行時間は眠るのが当たり前の時間帯ですから、寝ようとする人が多いわけです。そのような時間に暴れたり、喋ったりしても完全に迷惑になってしまいますよね。場所によっては何らかのペナルティが発生するかも知れませんね。


ポイントとしては、もしも自分がバスに乗っていて、絶対にされてしまったら嫌なことはしないようにする、これが確実ではないかと思っています。誰の邪魔をすることもなかったら、旅は順調に進んでいくこと間違い無しですし、トラブルなんてありはしません。まあ、本当に誰にも迷惑をかけない方法があるとすれば、乗車した瞬間に寝てしまえばまず問題ありません。


その場合、今度はいびきで迷惑をかけてしまう可能性もありますので、普段からいびきについて文句を言われることがある場合は、十分に注意してあげるといいと思います。これで、隣の人の邪魔をするということはなくなるはずですよ。お互いが快適に旅を出来るように心がけるといいでしょう。

スポンサードリンク

PAGE TOP