夜行バス NAVI

夜行バスのデメリット

寝付きにくい

夜行バスというのは、神経質な方には向かないところがあるのかもしれません。どうしても周りには知らない人ばかりがいますし、座席も開放感溢れるような作りにはなっていません。ですから、神経質な人が夜行バスに乗った場合、これらの理由からちょっと寝付きにくい状態になってしまうかもしれませんね。


こういった場合、アイマスクなんかを利用して、周りの視界を遮ってしまうことで、少しは寝やすい環境を作り上げることが出来るのではないかと思いますが、それでも振動があったり、多少は周りの声が聞こえてしまったりして寝られない、といった人もいるかもしれませんね。


新幹線などだったら、あまり寝ようという時間帯に出発することはありませんので、それなりに神経質な人でも大丈夫じゃないかと思います。


夜行バスの場合、神経質な人にとっては、どうしても寝ないといけない時間にバスが出発しますから、寝ないといけない、でも周りがとにかく気になってしまって眠りにくい、という感じになってしまいがちですね。別に観光目的であったら、少しくらい眠れなくてもいいかもしれませんが、仕事が目的であったとしたら大変なことですよね。


この場合は、夜行バスは使うべきではないかと思いますね。神経質な人にとっては、夜行バスというものは向いていないのかもしれませんが、とにかく魅力はたくさんありますので、遊び目的などの時には、一度利用してみてもいいのではないかと思いますね。

スポンサードリンク

PAGE TOP