ラクトフェリン.com

ラクトフェリン

ラクトフェリンの豆知識

ラクトフェリンの歴史

ラクトフェリンの歴史には、日本の企業が大きく関わってきます。まず、ラクトフェリンは、1939年にスウェーデンの学者に発見されました。当時は、ラクトフェリンが赤かったことから、赤いタンパク質として知られていました。

哺乳類の母乳に多く含まれ、母乳以外にも涙や、鼻水、唾液といった分泌液に少量含まれています。ラクトフェリンは、熱に弱いので市販の牛乳には、ほぼ含まれない事がわかりました。

1977年には、日本の森永乳業が、世界で初めてラクトフェリンをミルクに配合しました。初乳に最も多く含まれる事が分かっており、森永乳業はミルクアレルギー用のミルクである「MA‐1」に、ラクトフェリンを配合する事に成功しました。

また、1992年にはラクトフェリンが胃の中で分解されたあとの物質である、ラクトフェリシンを森永乳業が発見しました。 ラクトフェリシンは、ラクトフェリンと比べて細菌に対して数10~数100倍の強い抗菌活性がある事が分かりました。

この為、ラクトフェリシンは抗癌効果が期待されています。2007年には、ラクトフェリンの研究結果として、内臓脂肪を減少させることが確認されています。この為、今まであまり話題になっていなかったラクトフェリンが、メタボリックシンドローム対策としても期待され、注目されるようになりました。

ラクトフェリンは、他にも歯周病の進行抑制などがある事もわかり、歯磨粉で有名なライオンが臭病対策として、ラクトフェリンが有効であると発表しています。

ラクトフェリンの基礎知識
ラクトフェリンとは
ラクトフェリンの副作用
ラクトフェリンの効果的な摂取
ラクトフェリンの摂取量
ラクトフェリンの発見
腸溶性ラクトフェリン
ラクトフェリンの効果
ラクトフェリンで歯磨き
ラクトフェリンとピロリ菌
ラクトフェリンによる酸化ストレス
ラクトフェリンの3大作用
ラクトフェリンのガン治療
ラクトフェリンの花粉症
ラクトフェリンの内臓脂肪
ラクトフェリンの免疫効果
ラクトフェリン口臭予防
ラクトフェリンとダイエット
ラクトフェリンのダイエット
ラクトフェリンに向いている肥満型
ラクトフェリンで内臓脂肪減少
ラクトフェリンで便秘解消
ラクトフェリンの疑問
ドライアイにも効果があるのか
食品から摂る事ができるか
腸溶性ではない場合
鎮痛効果とは
ラクトフェリン販売企業
ライオン
森永乳業
ラクトフェリンの豆知識
ラクトフェリンとビフィズス菌の違い
ラクトフェリンとペット
ラクトフェリンの歴史
大人用のラクトフェリン
Copyright (C) ラクトフェリン.com All Rights Reserved