ラクトフェリン.com

ラクトフェリン

ラクトフェリンの豆知識

ラクトフェリンとビフィズス菌の違い

ラクトフェリンは、ビフィズス菌や乳酸菌とどのように異なるのでしょうか。

ラクトフェリンが主に含まれるのは、母乳やヨーグルトなど乳製品です。ただ、ラクトフェリンはタンパク物質なのに対し、ビフィズス菌や乳酸菌は人間の体内に存在する善玉菌という細菌です。

ラクトフェリンは、ビフィズス菌や乳酸菌は同時に摂取しても特に問題はなく、むしろ積極的に一緒に摂取した方がいいと考えられています。これは、ラクトフェリンが、腸内環境を整えるビフィズス菌を増やす効果あるためで、同時に摂取することでラクトフェリンとビフィズス菌の効果を上げる事が出来ると考えられています。

ただし、ラクトフェリンはタンパク質の一種であるので、ヨーグルトに入れておいてもビフィズス菌や乳酸菌のようにラクトフェリンが増えることはありません。ラクトフェリンは鉄分と結合する性質を持つタンパク質で、大腸菌やブドウ球菌、ピロリ菌といったビフィズス菌とは対をなす、悪玉菌の増殖を防ぎます。

これは、悪玉菌は栄養として鉄を必要とするからで、ラクトフェリンが鉄を奪ってしまうので悪玉菌の増殖を抑制することができます。逆に、整腸作用を行う善玉菌のビフィズス菌には、増殖を促すように働きます。

人間の腸内環境は、悪玉菌が優勢であると便秘などの体調不良を起こしますが、善玉菌が優勢であると便通もよくなり、身体の調子も良くなります。ラクトフェリンとビフィズス菌は、タンパク質と細菌という違いはありますが、身体の健康をた持つ為に働くという共通点があります。

ラクトフェリンの基礎知識
ラクトフェリンとは
ラクトフェリンの副作用
ラクトフェリンの効果的な摂取
ラクトフェリンの摂取量
ラクトフェリンの発見
腸溶性ラクトフェリン
ラクトフェリンの効果
ラクトフェリンで歯磨き
ラクトフェリンとピロリ菌
ラクトフェリンによる酸化ストレス
ラクトフェリンの3大作用
ラクトフェリンのガン治療
ラクトフェリンの花粉症
ラクトフェリンの内臓脂肪
ラクトフェリンの免疫効果
ラクトフェリン口臭予防
ラクトフェリンとダイエット
ラクトフェリンのダイエット
ラクトフェリンに向いている肥満型
ラクトフェリンで内臓脂肪減少
ラクトフェリンで便秘解消
ラクトフェリンの疑問
ドライアイにも効果があるのか
食品から摂る事ができるか
腸溶性ではない場合
鎮痛効果とは
ラクトフェリン販売企業
ライオン
森永乳業
ラクトフェリンの豆知識
ラクトフェリンとビフィズス菌の違い
ラクトフェリンとペット
ラクトフェリンの歴史
大人用のラクトフェリン
Copyright (C) ラクトフェリン.com All Rights Reserved