ラクトフェリン.com

ラクトフェリン

ラクトフェリンの効果

ラクトフェリンの免疫効果

私達の日常には、様々な細菌やウイルスが存在しますが、特に毎回大きな病気にならないのは、免疫システムが体内にある為です。

免疫システムは、赤ちゃんの時にはほとんどなく、成長とともに確率されていきますが、25歳前後からまた減少し、40歳では20歳の時の半分の免疫力しか残っていないとされています。

免疫システムが加齢によって減少するのを防ぎ、現状を維持して強化をするには、ラクトフェリンの免疫強化作用が効果的とされています。

ラクトフェリンは、抗酸化作用で老化を防止するエイジング作が注目されていますが、肌の老化だけでなく人間の体を守る免疫システムの主力である白血球のNK細胞を強化することが分かっています。一般に、免疫細胞にはT細胞、B細胞の他に、マクロファージやNK(ナチュラルキラー)細胞があります。

どの免疫細胞も、細菌やウイルスから体を防御するはたらきのある細胞ですが、特にNK細胞は、ガン細胞に攻撃する働きのある重要な細胞で、ラクトフェリンはNK細胞を活性化する作用があります。

ラクトフェリンは免疫力の弱い赤ちゃんを、細菌やウイルスから保護する働きがあるので、成人に対しても免疫機能強化させて、免疫細胞を強化し抗がん作用も発揮する事が分かっています。癌細胞だけでなく、大腸菌やO-157、またピロリ菌に対してもラクトフェリンは抗菌効果を発揮します。

ラクトフェリンで免疫力を高めようと考えている場合、1日あたり500mg~1200mgを摂取するのがいいとされ、腸溶加工されたサプリメントで補いましょう。

ラクトフェリンの基礎知識
ラクトフェリンとは
ラクトフェリンの副作用
ラクトフェリンの効果的な摂取
ラクトフェリンの摂取量
ラクトフェリンの発見
腸溶性ラクトフェリン
ラクトフェリンの効果
ラクトフェリンで歯磨き
ラクトフェリンとピロリ菌
ラクトフェリンによる酸化ストレス
ラクトフェリンの3大作用
ラクトフェリンのガン治療
ラクトフェリンの花粉症
ラクトフェリンの内臓脂肪
ラクトフェリンの免疫効果
ラクトフェリン口臭予防
ラクトフェリンとダイエット
ラクトフェリンのダイエット
ラクトフェリンに向いている肥満型
ラクトフェリンで内臓脂肪減少
ラクトフェリンで便秘解消
ラクトフェリンの疑問
ドライアイにも効果があるのか
食品から摂る事ができるか
腸溶性ではない場合
鎮痛効果とは
ラクトフェリン販売企業
ライオン
森永乳業
ラクトフェリンの豆知識
ラクトフェリンとビフィズス菌の違い
ラクトフェリンとペット
ラクトフェリンの歴史
大人用のラクトフェリン
Copyright (C) ラクトフェリン.com All Rights Reserved