ラクトフェリン.com

ラクトフェリン

ラクトフェリンの効果

ラクトフェリンの内臓脂肪

ラクトフェリンは、内臓脂肪を減少する働きから、健康面でも美容面でも注目されています。植物の成分である、ポリフェノールにも脂肪分解を促進する作用がありますが、ラクトフェリンは従来の脂肪分解を促進するとされる成分よりも高い効果を持っていると言われています。

ラクトフェリンは、無理な食事制限や激しい運動が必要無いと言われていて、体重を落とす為に受ける精神的ストレスや健康面の被害を受ける事なく、内臓脂肪を減少すると言われています。

ラクトフェリンの内臓脂肪分解作用は、既存の脂肪細胞に働きかけるだけでなく、ラクトフェリンを摂取すると、脂肪分解後に生成される脂肪も少なくする事が分かっています。これは、ラクトフェリンに脂肪分解を促進する酵素の働きを、阻害するタンパク質の発生を低下させる働きによるもので、既存の脂肪と、これからできる可能性のある脂肪を抑制することで、確実に体内の脂肪を減少させます。

内臓脂肪は、主に腸管の周辺にある脂肪細胞に蓄積されます。特に、脂肪が貯まりやすいのは、小腸を覆う腸間膜という部分で、小腸に脂肪細胞が貯まるとお腹が太りやすくなります。ラクトフェリンは、腸溶性加工していないと胃と小腸で分解されますが、小腸では脂肪蓄積抑制効果を発揮することが分かっています。

この為、内臓脂肪のにはラクトフェリンが効果的で、合わせて運動を行ったり、食生活を見直す事でさらに健康的になる事が出来ます。

ラクトフェリンの基礎知識
ラクトフェリンとは
ラクトフェリンの副作用
ラクトフェリンの効果的な摂取
ラクトフェリンの摂取量
ラクトフェリンの発見
腸溶性ラクトフェリン
ラクトフェリンの効果
ラクトフェリンで歯磨き
ラクトフェリンとピロリ菌
ラクトフェリンによる酸化ストレス
ラクトフェリンの3大作用
ラクトフェリンのガン治療
ラクトフェリンの花粉症
ラクトフェリンの内臓脂肪
ラクトフェリンの免疫効果
ラクトフェリン口臭予防
ラクトフェリンとダイエット
ラクトフェリンのダイエット
ラクトフェリンに向いている肥満型
ラクトフェリンで内臓脂肪減少
ラクトフェリンで便秘解消
ラクトフェリンの疑問
ドライアイにも効果があるのか
食品から摂る事ができるか
腸溶性ではない場合
鎮痛効果とは
ラクトフェリン販売企業
ライオン
森永乳業
ラクトフェリンの豆知識
ラクトフェリンとビフィズス菌の違い
ラクトフェリンとペット
ラクトフェリンの歴史
大人用のラクトフェリン
Copyright (C) ラクトフェリン.com All Rights Reserved