ラクトフェリン.com

ラクトフェリン

ラクトフェリンの効果

ラクトフェリンの花粉症

現在の日本では、花粉症は国民病と言われるほど一般化したアレルギー症状で、花粉症にかかっても死亡する事はありませんが、アレルギー体質という体質の問題なので、完治する事もないと言われています。

この為、花粉症が発生してしまった人は、花粉の舞う時期につらい症状に悩まされる事になりますが、貧血予防や抗酸化作用があるとされるラクトフェリンは、花粉症といったアレルギー症状にも効果的です。

ラクトフェリンで花粉症対策に効果があると言われるのは、アレルギーを引き起こす原因とされるヒスタミンの生成を抑えることがわかっている為です。ヒスタミンは、生体内に存在する化学物質で、アレルゲンの侵入で活性化し、血管の拡張を引き起こしたり、痒みの原因になります。

ラクトフェリンは、ヒスタミンの働きを一時的に抑えるといった花粉症用の対アレルギー薬とは違い、花粉症の原因を改善する働きがあります。

花粉が原因のアレルギー症状は、身体の免疫が花粉を異物として抗体をつくり、抗体が花粉と結合してヒスタミンが生成されます。ラクトフェリンは抗体の数を増やす働きがあり、アレルゲンが体内に侵入する前にブロックして、ヒスタミンが生成されないようにします。

ラクトフェリンの花粉症状を抑える働きは、医学的にも証明されており、ラクトフェリンを1日に300mg~600mg摂取すると、効果的にアレルギー症状を抑えるとされています。

ラクトフェリンの基礎知識
ラクトフェリンとは
ラクトフェリンの副作用
ラクトフェリンの効果的な摂取
ラクトフェリンの摂取量
ラクトフェリンの発見
腸溶性ラクトフェリン
ラクトフェリンの効果
ラクトフェリンで歯磨き
ラクトフェリンとピロリ菌
ラクトフェリンによる酸化ストレス
ラクトフェリンの3大作用
ラクトフェリンのガン治療
ラクトフェリンの花粉症
ラクトフェリンの内臓脂肪
ラクトフェリンの免疫効果
ラクトフェリン口臭予防
ラクトフェリンとダイエット
ラクトフェリンのダイエット
ラクトフェリンに向いている肥満型
ラクトフェリンで内臓脂肪減少
ラクトフェリンで便秘解消
ラクトフェリンの疑問
ドライアイにも効果があるのか
食品から摂る事ができるか
腸溶性ではない場合
鎮痛効果とは
ラクトフェリン販売企業
ライオン
森永乳業
ラクトフェリンの豆知識
ラクトフェリンとビフィズス菌の違い
ラクトフェリンとペット
ラクトフェリンの歴史
大人用のラクトフェリン
Copyright (C) ラクトフェリン.com All Rights Reserved