ラクトフェリン.com

ラクトフェリン

ラクトフェリンの効果

ラクトフェリンのガン治療効果

癌は、遺伝子のコピーミスによる細胞の異常分裂が原因で起こると言われています。

しかし、日本人の死亡原因として最も多く、早期発見によって、摘出できる場合もありますが、転移によって身体の他の部分に癌が広がっていることが多く、完治の難しい病気です。

抗ガン作用のあるものが注目され、その中でも特に、免疫力を高めるなどの効果もあるラクトフェリンが注目されています。ラクトフェリンは、発ガンの予防だけでなく、C型肝炎の改善や、胃痛の原因であるピロリ菌、食中毒のO-157の抑制といった効果がある事が分かっています。

これらのラクトフェリンの効果は、ラクトフェリンが癌細胞などを攻撃するナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化する為です。

ラクトフェリンは、発ガン抑制作用を有する成分の一つとして研究されており、実験ではラクトフェリンを摂取しているのおと、したいないのとでは発ガン率は50%以上も代わる事が分かっています。

また、大腸ポリープの進行を抑えて、大腸がんに進行するのを防ぐ効果も確認されており、臨床結果も出ていることから、ラクトフェリンの抗ガン作用は非常に高いものであると考えられています。ラクトフェリンの摂取による抗ガン作用は、大腸だけでなく、食道や肺、肝臓や膀胱、舌といった様々な身体の部分で確認されています。

ラクトフェリンは、NK細胞の数を増やして、NK細胞の活性を高める作用があり、ガン細胞に対する攻撃を高めてくれる事が分かっています。

ラクトフェリンの基礎知識
ラクトフェリンとは
ラクトフェリンの副作用
ラクトフェリンの効果的な摂取
ラクトフェリンの摂取量
ラクトフェリンの発見
腸溶性ラクトフェリン
ラクトフェリンの効果
ラクトフェリンで歯磨き
ラクトフェリンとピロリ菌
ラクトフェリンによる酸化ストレス
ラクトフェリンの3大作用
ラクトフェリンのガン治療
ラクトフェリンの花粉症
ラクトフェリンの内臓脂肪
ラクトフェリンの免疫効果
ラクトフェリン口臭予防
ラクトフェリンとダイエット
ラクトフェリンのダイエット
ラクトフェリンに向いている肥満型
ラクトフェリンで内臓脂肪減少
ラクトフェリンで便秘解消
ラクトフェリンの疑問
ドライアイにも効果があるのか
食品から摂る事ができるか
腸溶性ではない場合
鎮痛効果とは
ラクトフェリン販売企業
ライオン
森永乳業
ラクトフェリンの豆知識
ラクトフェリンとビフィズス菌の違い
ラクトフェリンとペット
ラクトフェリンの歴史
大人用のラクトフェリン
Copyright (C) ラクトフェリン.com All Rights Reserved