ラクトフェリン.com

ラクトフェリン

ラクトフェリンの基礎知識

腸溶性ラクトフェリン

ラクトフェリンは、機能性タンパク質と言われるタンパク質で、分子量は8万もある巨大な分子です。ラクトフェリンはタンパク質なので、口から摂取されると胃酸成分のペプシンの働きで分解されます。

胃酸によって分解されると、ラクトフェリシンは塩基性ペプチドを生成します。ただし、他のタンパク質と同様に、摂取されたラクトフェリンの大部分は消化分解される事になります。ラクトフェリンの効果を得るためには、小腸までラクトフェリンを破壊されずにもっていく必要があります。

このため、ラクトフェリンには分子が小腸まで届くよう腸溶性素材でコーティングされた商品が多くあり、腸溶性ラクトフェリンと言われています。ラクトフェリンのサプリメントの購入を考えている場合は、腸溶性ラクトフェリンである方が効果的です。

腸溶性ラクトフェリンとして加工されていないと、腸管からの吸収されず、ラクトフェリンの血中濃度を測定しても検出されないことが実験でわかっています。ラクトフェリンは、腸溶性の加工をされることで、分解されずに対兄に吸収される事がわかっています。

ラクトフェリンを食べる事が全く意味がないとは断言できませんが、胃で破壊されやすいラクトフェリンを、腸溶性加工することにえ、腸から効率よく吸収されて、健康にいい働きを行ってくれるのです。

母乳からラクトフェリンを接取している赤ちゃんは、身体が成長段階にあるので、胃酸やペプシンの働きも弱く、ほとんど分解されずに腸に届きます。大人は、胃酸もしっかり働くようになっているので、なんらかの加工をほどこす必要があるのです。

ラクトフェリンの基礎知識
ラクトフェリンとは
ラクトフェリンの副作用
ラクトフェリンの効果的な摂取
ラクトフェリンの摂取量
ラクトフェリンの発見
腸溶性ラクトフェリン
ラクトフェリンの効果
ラクトフェリンで歯磨き
ラクトフェリンとピロリ菌
ラクトフェリンによる酸化ストレス
ラクトフェリンの3大作用
ラクトフェリンのガン治療
ラクトフェリンの花粉症
ラクトフェリンの内臓脂肪
ラクトフェリンの免疫効果
ラクトフェリン口臭予防
ラクトフェリンとダイエット
ラクトフェリンのダイエット
ラクトフェリンに向いている肥満型
ラクトフェリンで内臓脂肪減少
ラクトフェリンで便秘解消
ラクトフェリンの疑問
ドライアイにも効果があるのか
食品から摂る事ができるか
腸溶性ではない場合
鎮痛効果とは
ラクトフェリン販売企業
ライオン
森永乳業
ラクトフェリンの豆知識
ラクトフェリンとビフィズス菌の違い
ラクトフェリンとペット
ラクトフェリンの歴史
大人用のラクトフェリン
Copyright (C) ラクトフェリン.com All Rights Reserved