ラクトフェリン.com

ラクトフェリン

ラクトフェリンの基礎知識

ラクトフェリンの発見

ラクトフェリンは、1939年にヨーロッパの学者によって発見されました。この時は、母乳ではなく牛乳から発見され、ラクトフェリンが赤い色であったことから、赤いタンパク質と呼ばれていました。

ラクトフェリンという名前は、乳を表すラクトと、鉄を結合するタンパク質という意味のフェリンから名付けられました。ラクトフェリンは、鉄と結合する働きが非常に強く、この働きが、抗酸化作用や、細菌の侵入を防ぐ事に繋がるとされています。

その後、ラクトフェリンは哺乳動物の乳に含まれている事がわかり、出産した直後に出る母乳には、特に多くのラクトフェリンが含まれていることが分かっています。この事から、ラクトフェリンには免疫を高める効果があるとされ、生まれたばかりの赤ちゃんは、外敵である様々な細菌やウイルスに対して免疫力がないので、母乳に含まれるラクトフェリンが外敵から守っていると考えられました。

また、ラクトフェリンの研究が進むにつれて、免疫力の強化だけでなくダイエット効果があり、脂肪の燃焼を促進すると考えられるようになりました。

ラクトフェリンは、母乳以外にも唾液や涙、鼻水に少量含まれており、外分泌液や粘膜液といった外部から異物の侵入しやすいところにも、存在していることが分かります。1986年に、日本の森永乳業が世界で初めてラクトフェリン入り乳児用ミルクを開発し、森永乳業はこれ以降ラクトフェリンの先駆者として多くの研究結果を発表しています。

ラクトフェリンの基礎知識
ラクトフェリンとは
ラクトフェリンの副作用
ラクトフェリンの効果的な摂取
ラクトフェリンの摂取量
ラクトフェリンの発見
腸溶性ラクトフェリン
ラクトフェリンの効果
ラクトフェリンで歯磨き
ラクトフェリンとピロリ菌
ラクトフェリンによる酸化ストレス
ラクトフェリンの3大作用
ラクトフェリンのガン治療
ラクトフェリンの花粉症
ラクトフェリンの内臓脂肪
ラクトフェリンの免疫効果
ラクトフェリン口臭予防
ラクトフェリンとダイエット
ラクトフェリンのダイエット
ラクトフェリンに向いている肥満型
ラクトフェリンで内臓脂肪減少
ラクトフェリンで便秘解消
ラクトフェリンの疑問
ドライアイにも効果があるのか
食品から摂る事ができるか
腸溶性ではない場合
鎮痛効果とは
ラクトフェリン販売企業
ライオン
森永乳業
ラクトフェリンの豆知識
ラクトフェリンとビフィズス菌の違い
ラクトフェリンとペット
ラクトフェリンの歴史
大人用のラクトフェリン
Copyright (C) ラクトフェリン.com All Rights Reserved