ラクトフェリン.com

ラクトフェリン

ラクトフェリンの基礎知識

ラクトフェリンの摂取量

ラクトフェリンは母乳や乳製品に含まれており、胃酸の弱い赤ちゃんは、そのままでもラクトフェリンを十分に摂取出来ますが、大人はなかなか摂取できません。

大人のラクトフェリンの摂取方法として、市販の牛乳や乳製品から摂取する事はほとんど不可能とされています。低温殺菌牛乳やチーズの場合は、少量のラクトフェリンが含まれているとされますが、高温で殺菌された乳製品にはほとんど含まれておらず、低温殺菌したものも十分なラクトフェリンが含まれているとは言えないので、効率的な摂取方法とは言えません。

ラクトフェリンは、成人の健康維持に、1日あたり必要であると言われる摂取量は150mg~300mgと言われています。メタボリックシンドローム等の疾病治療の場合は、1日あたり600mg~900mgの摂取が必要とされています。

ラクトフェリンの効果は、持続時間が24時間以内とされているので、ラクトフェリンの効果を得たいと考えている場合は、1日1回はラクトフェリンを摂取する必要があります。ラクトフェリンは、就寝前に摂取するのがいいと言われており、治療目的の場合は1日1回では不安なので、朝夕の2回に摂取するのがいいと考えられています。

また、基本的に、ラクトフェリンはタンパク質で薬ではなく、即効性のあるものではないので、1年以上の長期的で継続した摂取が必要です。ラクトフェリンは、過剰摂取しても特に問題のない成分とされています。ただ、ラクトフェリンには整腸作用もあるので、人によっては過剰摂取で、お腹のゆるくなる場合もあります。

ラクトフェリンの基礎知識
ラクトフェリンとは
ラクトフェリンの副作用
ラクトフェリンの効果的な摂取
ラクトフェリンの摂取量
ラクトフェリンの発見
腸溶性ラクトフェリン
ラクトフェリンの効果
ラクトフェリンで歯磨き
ラクトフェリンとピロリ菌
ラクトフェリンによる酸化ストレス
ラクトフェリンの3大作用
ラクトフェリンのガン治療
ラクトフェリンの花粉症
ラクトフェリンの内臓脂肪
ラクトフェリンの免疫効果
ラクトフェリン口臭予防
ラクトフェリンとダイエット
ラクトフェリンのダイエット
ラクトフェリンに向いている肥満型
ラクトフェリンで内臓脂肪減少
ラクトフェリンで便秘解消
ラクトフェリンの疑問
ドライアイにも効果があるのか
食品から摂る事ができるか
腸溶性ではない場合
鎮痛効果とは
ラクトフェリン販売企業
ライオン
森永乳業
ラクトフェリンの豆知識
ラクトフェリンとビフィズス菌の違い
ラクトフェリンとペット
ラクトフェリンの歴史
大人用のラクトフェリン
Copyright (C) ラクトフェリン.com All Rights Reserved