ラクトフェリン.com

ラクトフェリン

ラクトフェリンの基礎知識

ラクトフェリンの副作用

ラクトフェリンは、人体に様々な影響を与えてくれます。ラクトフェリンは、大きく老化の防止や抗ガン作用に効果的とされる抗酸化作用と、脂肪燃焼を助けてメタボリックシンドロームの解消や、生活習慣病の予防、ダイエットにも効果があり、病気になりにくくする免疫力を高める働きがあります。

このような様々な働きがある事がわかり、多くの研究者がラクトフェリンの副作用や安全性を調べてていますが、ほとんど副作用はないことが分かっています。

もともと、免疫力の少ない赤ちゃんが摂取しても平気な成分なので、成人には大きな副作用があるとは考え難いとされている、大変安全な成分です。

ラクトフェリンは、母乳に多く含まれている成分で、人体への悪い影響はほとんどなく、昔から食品の成分として摂取されていますが、副作用の報告はないとされています。また、ラクトフェリンは過剰摂取による悪影響や副作用もないとされており、非常に安全です。

ただ、万人に100%安全とは言い切れないので、過剰摂取は行わない方がいいでしょう。 ラクトフェリンは整腸作用があるので、過剰摂取で腸の動きが活発化しガスが出やすくなったり、お腹がゆるくなる可能性があります。

ラクトフェリンの摂取量は、1日あたり500~1200mgが理想とされ、腸まで成分が破壊される事のない、腸溶性のラクトフェリンを摂取するようにしましょう。

また、乳製品にアレルギーがある場合は、少量ずつ飲んで様子を見るようにしましょう。

ラクトフェリンの基礎知識
ラクトフェリンとは
ラクトフェリンの副作用
ラクトフェリンの効果的な摂取
ラクトフェリンの摂取量
ラクトフェリンの発見
腸溶性ラクトフェリン
ラクトフェリンの効果
ラクトフェリンで歯磨き
ラクトフェリンとピロリ菌
ラクトフェリンによる酸化ストレス
ラクトフェリンの3大作用
ラクトフェリンのガン治療
ラクトフェリンの花粉症
ラクトフェリンの内臓脂肪
ラクトフェリンの免疫効果
ラクトフェリン口臭予防
ラクトフェリンとダイエット
ラクトフェリンのダイエット
ラクトフェリンに向いている肥満型
ラクトフェリンで内臓脂肪減少
ラクトフェリンで便秘解消
ラクトフェリンの疑問
ドライアイにも効果があるのか
食品から摂る事ができるか
腸溶性ではない場合
鎮痛効果とは
ラクトフェリン販売企業
ライオン
森永乳業
ラクトフェリンの豆知識
ラクトフェリンとビフィズス菌の違い
ラクトフェリンとペット
ラクトフェリンの歴史
大人用のラクトフェリン
Copyright (C) ラクトフェリン.com All Rights Reserved