ラクトフェリン.com

ラクトフェリン

ラクトフェリンの疑問

腸溶性ではない場合

スーパーやコンビニなどで、ラクトフェリン入りとかかれた商品を多く目にしますが、これらのヨーグルトや飲み物は、腸溶加工してるサプリメントと同じような効果があるでしょうか。

一般に、食物に含まれるラクトフェリンは、食物が胃で消化されるのと一緒に消化されてしまい、ほぼ2~3時間で完全に分解される事が分かっています。

ラクトフェリンの分解物が、一部有効であることもありますが、ほとんどは、分解と消化によってラクトフェリンが持っている効能も消失してしまうとされています。

つまり、ラクトフェリンをしっかりと効果をえるように摂取するには、スーパーで売ってるヨーグルトなどでは、効能を十分得られるとはいえません。ラクトフェリンを健康や美容の目的で摂取する場合は、腸溶性のサプリメントを服用するのが一番と言われています。

また、ラクトフェリン腸溶性サプリメントの特徴は、他の健康食品と比べて、効果に即効性がある事です。通常、かなり継続して飲み続けないとサプリメントは効果が、現れ難いのですが、ラクトフェリンの場合、すぐに効果を実感できます。

しかし、効果が無くなるのも他のサプリメントよりも早いという性質があります。ラクトフェリンは継続した摂取が必要になります。ただ、ラクトフェリンは薬ではないので、続けて内服することで効果消失する事はありません。 腸溶製剤のラクトフェリンは、一日に症状に合わせて150-600 mgを摂取するようにするといいとされています。

ラクトフェリンの基礎知識
ラクトフェリンとは
ラクトフェリンの副作用
ラクトフェリンの効果的な摂取
ラクトフェリンの摂取量
ラクトフェリンの発見
腸溶性ラクトフェリン
ラクトフェリンの効果
ラクトフェリンで歯磨き
ラクトフェリンとピロリ菌
ラクトフェリンによる酸化ストレス
ラクトフェリンの3大作用
ラクトフェリンのガン治療
ラクトフェリンの花粉症
ラクトフェリンの内臓脂肪
ラクトフェリンの免疫効果
ラクトフェリン口臭予防
ラクトフェリンとダイエット
ラクトフェリンのダイエット
ラクトフェリンに向いている肥満型
ラクトフェリンで内臓脂肪減少
ラクトフェリンで便秘解消
ラクトフェリンの疑問
ドライアイにも効果があるのか
食品から摂る事ができるか
腸溶性ではない場合
鎮痛効果とは
ラクトフェリン販売企業
ライオン
森永乳業
ラクトフェリンの豆知識
ラクトフェリンとビフィズス菌の違い
ラクトフェリンとペット
ラクトフェリンの歴史
大人用のラクトフェリン
Copyright (C) ラクトフェリン.com All Rights Reserved