ラクトフェリン.com

ラクトフェリン

ラクトフェリンの疑問

食品から摂る事ができるか

ラクトフェリンは、哺乳類の母乳に多く含まれているので、牛乳などにも含まれています。ただし、人の母乳に比べて、少量しか含まれておらず、加熱で簡単に破壊されてしまうという性質があります。

この為、生乳や加熱調理をおこなっていないナチュラルチーズには、ラクトフェリンが含まれます。ただ、胃酸が発達していない赤ちゃんは、直接摂取しても腸に到達しますが、大人の場合、ラクトフェリンは胃酸で分解されてしまい、このような食品を食べてもラクトフェリンが腸まで到達しません。

この為、市販の牛乳や乳製品からは、ラクトフェリンをほとんど摂取できないと考えていいでしょう。ほとんどの乳製品は高温で加熱殺菌されているので、ラクトフェリンはほとんど破壊されてしまっています。

ラクトフェリンは、市販の牛乳の場合、1日の摂取量を取ろうとすると、何十パックも飲まなくてはならないと言われています。ただ、ラクトフェリン入りとしているヨーグルトなどの場合、1個で1日に必要摂取量を取れる物もあるとされています。

確実に、ラクトフェリンを摂取したいのであれば、腸溶性のサプリメントを摂取した方がいいでしょう。

大量に摂取も特に、悪影響はないとされていますが、ラクトフェリンは一度に多量に摂取しても効果は持続せず、毎日継続して摂取する事が一番とされています。また、ラクトフェリンをヨーグルトなどに入れる事で、増やせるという噂もあるようですが、ラクトフェリンは菌ではないので、増える事はありません。

ラクトフェリンの基礎知識
ラクトフェリンとは
ラクトフェリンの副作用
ラクトフェリンの効果的な摂取
ラクトフェリンの摂取量
ラクトフェリンの発見
腸溶性ラクトフェリン
ラクトフェリンの効果
ラクトフェリンで歯磨き
ラクトフェリンとピロリ菌
ラクトフェリンによる酸化ストレス
ラクトフェリンの3大作用
ラクトフェリンのガン治療
ラクトフェリンの花粉症
ラクトフェリンの内臓脂肪
ラクトフェリンの免疫効果
ラクトフェリン口臭予防
ラクトフェリンとダイエット
ラクトフェリンのダイエット
ラクトフェリンに向いている肥満型
ラクトフェリンで内臓脂肪減少
ラクトフェリンで便秘解消
ラクトフェリンの疑問
ドライアイにも効果があるのか
食品から摂る事ができるか
腸溶性ではない場合
鎮痛効果とは
ラクトフェリン販売企業
ライオン
森永乳業
ラクトフェリンの豆知識
ラクトフェリンとビフィズス菌の違い
ラクトフェリンとペット
ラクトフェリンの歴史
大人用のラクトフェリン
Copyright (C) ラクトフェリン.com All Rights Reserved