ラクトフェリン.com

ラクトフェリン

ラクトフェリンの疑問

ドライアイにも効果があるのか

ラクトフェリンは、免疫効果だけでなくドライアイにも効果があると言われています。ドライアイは、目の角膜乾燥症のことです。目の角膜が、様々な要因で涙液や角結膜上皮が慢性的に乾燥する疾患で、眼の不快感や視機能異常を伴う事もあります。

ドライアイになると、涙の量が減少し、目の成分が変化する事もあります。すると、眼球の表面が乾燥して、傷や障害が生じやすくなるのです。近年は、パソコンなどを長時間使用する人が多く、慢性的なドライアイに悩む人が増えています。

ラクトフェリンは、このドライアイの症状を抑制する効果があります。ラクトフェリンを継続して1ヶ月間飲み続けると、ドライアイの自覚症状が改善されて、涙液層に厚みができるといった効果があります。

ラクトフェリンは熱に弱いので、腸溶性のサプリメントとして摂取するようにしましょう。ドライアイは、放っておくと視力の低下や、目の障害をどんどん引き起こすので、継続してラクトフェリンを摂取する必要があります。

ラクトフェリンの効果は、ヒスタミンの遊離を抑えて、花粉症の目の痒みの緩和にも効果があると言われています。

ラクトフェリンは、ドライアイの症状の改善を考えている場合は、1ヶ月間継続して270mgを毎日摂取するようにしましょう。改善が見られない場合は、眼科に相談しながらラクトフェリンの摂取を行えば、症状は少しづつ回復していきます。

ラクトフェリンの基礎知識
ラクトフェリンとは
ラクトフェリンの副作用
ラクトフェリンの効果的な摂取
ラクトフェリンの摂取量
ラクトフェリンの発見
腸溶性ラクトフェリン
ラクトフェリンの効果
ラクトフェリンで歯磨き
ラクトフェリンとピロリ菌
ラクトフェリンによる酸化ストレス
ラクトフェリンの3大作用
ラクトフェリンのガン治療
ラクトフェリンの花粉症
ラクトフェリンの内臓脂肪
ラクトフェリンの免疫効果
ラクトフェリン口臭予防
ラクトフェリンとダイエット
ラクトフェリンのダイエット
ラクトフェリンに向いている肥満型
ラクトフェリンで内臓脂肪減少
ラクトフェリンで便秘解消
ラクトフェリンの疑問
ドライアイにも効果があるのか
食品から摂る事ができるか
腸溶性ではない場合
鎮痛効果とは
ラクトフェリン販売企業
ライオン
森永乳業
ラクトフェリンの豆知識
ラクトフェリンとビフィズス菌の違い
ラクトフェリンとペット
ラクトフェリンの歴史
大人用のラクトフェリン
Copyright (C) ラクトフェリン.com All Rights Reserved