ラクトフェリン.com

ラクトフェリン

ラクトフェリンとダイエット

ラクトフェリンに向いている肥満型

一般的に、肥満は大きく2つに分ける事ができます。腕や太ももに脂肪がつきやすい皮下脂肪型と、内臓周りに脂肪が溜まる内臓脂肪型に分けられます。

内臓脂肪型はメタボリックシンドロームとも言われ、内臓脂肪が蓄積することで、脂肪細胞がアディポサイトカインという悪玉物質を必要以上に分泌するようになり、高血圧や高脂血症といった生活習慣病を引き起こす原因になります。高血圧や高脂血症といった生活習慣病の予防には、内臓脂肪を減少させる事が重要です。

内臓脂肪は、皮下脂肪よりも運動等で落としやすいと言われています。運動や食事制限と合わせて、ラクトフェリンを摂取すれば、無理なく脂肪を落とす事ができると考えられています。

ラクトフェリンは、牛乳等に含まれている多機能タンパク質で、赤いタンパクとも言われています。ラクトフェリンは、母乳に含まれていますが、一般の成人の体内ではほとんど生成されません。

ラクトフェリンは、内蔵型肥満の人に向いているとされ、高齢で満足に運動が行えない場合も、ラクトフェリンを摂取することで、効果的に内臓脂肪を落とす事ができると言われています。ラクトフェリンの摂取だけで、特に食事制限や運動を行っていなくても、内臓脂肪が落ちる事がわかっています。

また、ラクトフェリンの体脂肪解消効果は、男女差が無く誰でも効果を得る事が出来ると考えられます。皮下脂肪は、内臓脂肪を落とさないとなかなか落とせないと言われているので、ラクトフェリンで効果的に脂肪を落としていくのがいいでしょう。

カニ通販

ラクトフェリンの基礎知識
ラクトフェリンとは
ラクトフェリンの副作用
ラクトフェリンの効果的な摂取
ラクトフェリンの摂取量
ラクトフェリンの発見
腸溶性ラクトフェリン
ラクトフェリンの効果
ラクトフェリンで歯磨き
ラクトフェリンとピロリ菌
ラクトフェリンによる酸化ストレス
ラクトフェリンの3大作用
ラクトフェリンのガン治療
ラクトフェリンの花粉症
ラクトフェリンの内臓脂肪
ラクトフェリンの免疫効果
ラクトフェリン口臭予防
ラクトフェリンとダイエット
ラクトフェリンのダイエット
ラクトフェリンに向いている肥満型
ラクトフェリンで内臓脂肪減少
ラクトフェリンで便秘解消
ラクトフェリンの疑問
ドライアイにも効果があるのか
食品から摂る事ができるか
腸溶性ではない場合
鎮痛効果とは
ラクトフェリン販売企業
ライオン
森永乳業
ラクトフェリンの豆知識
ラクトフェリンとビフィズス菌の違い
ラクトフェリンとペット
ラクトフェリンの歴史
大人用のラクトフェリン
Copyright (C) ラクトフェリン.com All Rights Reserved