HOME

日本茶あれこれ

日本茶を知る

日本茶の歴史

日本の茶が歴史に登場したのは、平安初期と言われています。遣唐使が平安時代に、唐からお茶を持ち帰ったことが、日本茶の始まりと言われています。平安時代の詩歌集に茶の記述があることから、上流階級の間で嗜好品として茶が飲まれていたと考えられています。

1200年ごろには、日本でも本格的に茶の効用や、茶葉の製法などが確立されたとされていいます。『喫茶養生記』という源頼朝に献上された手記は、日本初の茶書として有名です。鎌倉時代では茶寄合いなどが行われるようになり、茶歌舞伎といった茶の湯が栄えていきました。1400年代の初めでは、関東で茶の生産が行われていました。

1600年代では、庶民の間でも日本茶が普通に飲まれるようになり、日常茶飯事といったな言葉が使われていた事からも日常的に日本茶が飲まれていた事がわかります。

また、日常的なお茶とは異なる、茶道が栄え出したのも1600年代と言われています。茶道は鎌倉時代から行われていましたが、千利休らによって新たに茶礼や法式が作られました。茶道はその時代の戦国武将にも流行し、現在の茶道が完成されたと言われています。

茶の製法は地方によって様々にありましたが、早くから生産していた京都では、上級煎茶や玉露の製法技術を確立させていきました。近世末期では玉露や煎茶の宇治製法という優れた製法が全国的に導入され、庶民も気軽にお茶を楽しむようになりました。

近代では、日本茶は大戦による食糧難によって、一時期生産が落ち込みましたが、昭和からは生産が少しずつ回復していきました。

PAGE TOP