HOME

日本茶あれこれ

日本茶の効果

消臭・抗菌効果

悪臭は不快な気分にさせるだけでなく、時には生命の危険も伴う場合があります。一般的に悪臭というと、トリメチルアミンやアンモニアなど魚の生臭さに伴うアミン系の悪臭と、メチルメルカプタンや硫化水素など肉や卵の腐敗臭に伴う硫黄系の悪臭の2つがあります。

これらの悪臭はほとんどの場合、不快感を伴うだけで済みますが、ホルムアルデヒドという揮発性化学物質といわれる悪臭は、化学物質過敏症の体質の場合は、身体機能に障害を及ぼすほど危険な匂いになります。

悪臭の対策として、芳香剤を置く事で他の匂いで悪臭をごまかしたり、ニオイの成分を吸収するだけの消臭剤は、匂い成分自体が消えるわけではないので、根本的な問題解決にはなりません。しかし、茶カテキンには化学的消臭メカニズムがあり、悪臭のもとであるニオイ成分にイオン的また化学的に結合して、ニオイ成分自体を消滅させる事が出来ます。

一般に消臭するには、芳香剤などをおいて匂いをごまかす感覚的消臭、消臭剤などで悪臭のニオイ分子を取り込んでしまう物理的消臭、またバクテリアの繁殖が原因の悪臭にたいして、バクテリアの殺菌剤や繁殖抑制剤によってバクテリアの繁殖を抑える方法と、悪臭の成分を微生物の力で分解して消臭する生物的消臭、そして茶カテキンの中和反応や酸化還元反応によって悪臭成分を化学的に変化させる化学的消臭の4種類があります。

特に、生活臭は様々な匂いが混ざっており、生ゴミは生物的消臭で匂いを断つことができますが、その他の悪臭は感覚的消臭や物理的消臭では、根本的に解決することができず、化学的消臭で匂いを断つことが最も効果的と言われています。

PAGE TOP