HOME

日本茶あれこれ

日本茶の効果

抗アレルギー作用

人体は花粉やハウスダスト、また化学物質などのアレルゲン物質が体内に侵入すると、外敵と判断されて体外に排除しようとする反応をアレルギー反応と言います。

花粉などのアレルギーの原因となる物質が体内に侵入すると体内で抗体が作られ、抗体にアレルゲンが結合することで肥満細胞からかゆみ成分のヒスタミンなどが分泌され、鼻水やくしゃみ、またかゆみなどの症状を引き起こします。

花粉症の防止には、アレルギー反応で分泌されるヒスタミンの働きを抑制することです。茶カテキンには、ヒスタミンが放出されるのを、抑制する働きがあると言われています。特にこのカテキン成分がメチル化されてできるメチル化カテキンは、アレルゲンが抗体にくっついても、活性化されないようにする働きが、普通のカテキンよりも強いことが分かっています。

また、癌の抑制作用もあるEGCGは、肥満細胞がヒスタミンを分泌するのを抑える働きがあることも分かっています。また、日本茶の成分のストリクチニンは、アレルゲンが結合する抗体自体の生産を抑制して、アレルゲンが体内に入っても反応することなく、排出されるよう働く効果あります。

日本茶はこのような様々な抗アレルギー反応で、体内のアレルギー反応を抑えていると考えられています。

ただ、日本茶は摘まれる時期や加工方法によって、メチル化されているカテキンの含有量や効果が変わってくるので、事前に調べておく必要があります。

PAGE TOP