HOME

日本茶あれこれ

日本茶の効果

虫歯予防

虫歯になる人は食物によるだけでなく、歯の質や停滞時間、また口内に存在する虫歯菌の4つが考えられます。しかし、人が生活していく中で、これら4つの原因は排除することが出来ません。その為、誰でも虫歯になる可能性があり、しっかりと予防することが大切です。

口内の虫歯菌は人が食べる食物をエサにして、酵素を分泌して虫歯のもとになる歯垢を作り、歯垢に虫歯菌の分泌する酸が付着して歯が溶けて虫歯になります。

日本茶に含まれる茶カテキンは強い抗菌作用を持ち、さらに虫歯菌の酵素を抑制する働きがあります。茶カテキンのこれらの働きによって、虫歯菌の数を抗菌作用で減らし、歯垢を合成する働きの酵素を抑制して、歯垢が出来ないようにする2つの働きで虫歯が出来るのを防ぐ働きがあります。

茶カテキンには、消臭作用もあるので、虫歯などによる口臭を抑える働きもあり、口の中のトラブルをまとめて予防する事が出来るのです。日本茶の虫歯に対する効果は、茶カテキン以外にもあります。

日本茶にはフッ素がという、歯磨き粉にも含まれる歯のエナメル質を保護する成分が含まれており、フッ素で保護することで、より、虫歯に対する予防を高める事ができます。また、フッ素は虫歯金以外にも、歯を傷つける乳酸から歯を保護する働きがあります。

日本茶には他に、タンニンという抗菌作用のある成分もあり、虫歯菌や歯周菌の繁殖を防いで、虫歯を予防します。

PAGE TOP