HOME

日本茶あれこれ

日本茶の美味しい入れ方

玉露

日本茶を美味しく淹れる為には、それぞれの種類に合わせて温度を調節し、淹れる必要があります。

最高級茶である玉露をおいしく入れには、玉露に含まれる甘みや、テアニンなどのうまみ成分を上手に引き出す事の出来る抽出温度の調節が必要です。

まず、人数分の茶碗と、急須を用意します。玉露本来の高級感ある甘味や旨味を味わうためには、お湯は熱湯では注がず、冷ましてから使用します。湯さましの為に、玉露の茶葉をまだ入れていない、常温の急須にお湯を適量注ぎ、沸騰して100度になったお湯の温度を90度位に冷まします。次に、急須に入れて少し冷めたお湯を、人数分の茶碗へ注ぎます。

こうすることで、お湯を急須からさらに温度の低い茶碗に注いで90度位から70度位に下げ、ついでに茶碗を温めておきます。茶碗に注ぐお湯の量は、茶碗の7~8分目くらいの20mlほど入れます。人数分以上の余ったお湯は捨てて、お湯の入っていない急須に玉露の茶葉を入れます。

玉露の茶葉の量は3人分で大さじ2杯分の10gが目安になっています。ここで、湯呑でさました湯を急須に注ぎます。この時、湯の温度は適温の70度になっており、お茶が入っても冷めないよう茶碗も十分温まっています。

玉露の抽出時間は約2分と言われているので、急須にお湯を入れて茶葉が開くのを待ちます。急須から茶碗にお茶を注ぐときは、味や濃さが均一になるように、一気に1人分を注がず茶碗を廻しつぎして均等に分けます。

玉露は最後の一滴においしさが凝縮されているといわれるので、最後の一滴まで余すことなくしっかり注ぎましょう。

PAGE TOP