HOME

日本茶あれこれ

お茶っぱの働き

肥料

お茶がらは、植物の肥料に最適と言われています。お茶がらをもう一度煮出して、完全に冷ました汁を植木にかけます。すると、葉の勢いがよくなり、成長が促進されます。庭に生えている植物の場合は、茶殻ごと表面の土をおおっておくと、肥料の代わりにもなり植物が元気になります。

お茶は煮出したことで、有効成分がお湯に溶け出していますが、茶殻にも有効成分が残っているので、植物には十分な肥料になるのです。

最近では日本茶はペットボトルの普及などで、1年間で2万トンの日本茶葉が原料として消費され、70%が茶殻として排出されています。茶殻は、消臭や抗菌作用がある茶ポリフェノールという有効成分があるので、畑へ肥料として還元されるのが望ましいと考えられています。しかし、現在は焼却処分されるのが、一般的です。

茶殻の消臭成分は、動物の糞尿を利用した肥料のように、悪臭の発生がないと考えられるので、現在は農業に応用できるよう研究が進められています。家庭であれば、手軽に茶殻に含まれる茶ポリフェノールの、成分を利用した肥料として利用が可能です。

茶殻は直接肥料として撒いても、植物に吸収はされないとも言われています。茶殻を微生物に分解させて、無機物にすることで植物が吸収が出来ると言われているので、あらかじめ土に埋めて発酵させるか、米糟などと混ぜて発酵させた方が肥料として有効と言われています。

PAGE TOP